お知らせ

教育資金贈与の改正について

令和3年5月21日付で国税庁が「祖父母などから教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度のあらまし」を掲載しました。

今回の教育資金贈与の主な改正点は、令和5年3月31日まで2年間期限が延長されたことですが、管理残額についても①贈与者の死亡の日までの年数にかかわらず相続等により取得したものとみなされること②受贈者が子供以外(孫など)の場合には管理残額の一定額に2割の税額が加算されることです。

教育資金贈与の管理残額の計算は複雑なので、ご心配な方は一度弊所にご相談ください。

 

祖父母などから教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度のあらまし

シェアする